東大大学院生25歳の999の考えたこと

東大工学系。大学院では主にプログラミングに従事。人々の生活の質を良くしたい。将来はロボット事業をおこしたい。好きな言葉は、「逆境こそ人の真価を問う最高の舞台!」 おかげさまで多くの方に見てもらっています。毎日、研究やる前の10時くらいに更新するよ。

将来は大学教授かプログラマーなどフリーランス的レバレッジ的な生活がしたい。 日本を変えたい。そして、ゆくゆくはグーグルのようなすごい企業を作ったり、宇宙進出を成し遂げたい。俺は地球なんかで収まる器じゃねー。好きな言葉は「人の夢は終らねええ!!」、「逆境こそ人の真価を問う最高の舞台!」

カテゴリ: 東大大学院

「行動を起こそうとする時に合理的な理由を求めすぎると、結局何もできない。」
←これめっちゃ良いフレーズですよね。
高野りょーすけ君が朝日新聞の記事で言っていたフレーズです。

初めて僕と同じことを言っている人を見つけました。


起業家とつくった 起業の教科書
トーマツ ベンチャーサポート
日経BP社
2016-12-17



続きを読む

ここに書いてあることのほとんどは以下の本の影響を受けています。
研究やるうえで一番役に立っていると言っても過言ではありあせん。

この本は、”学生が研究のことをわからない前提”で書かれています。
多くの研究室における指導は先生が「そんなの知ってて当たり前だろ!」っていう態度をとるのでストレスフルです。だから日本の研究室はダメなんだ。
 
続きを読む

なんか、現実逃避ってダメな言葉の1つみたいに思っていたんですけど、どうでしょう?




続きを読む

僕は、研究は研究室にみんなこもってやるものだと思っていたので、ワイワイやるものだと思ってたのです。

修士までは。

孤独論 逃げよ、生きよ
田中慎弥
徳間書店
2017-02-10


続きを読む

なぜ研究室で鬱病の学生が生まれてしまうのか
実は理由は一つだと思います。
・他人からの罵倒です。
つまり、 人間関係です。
 

女子の人間関係
水島 広子
サンクチュアリ出版
2014-10-03



 
続きを読む

↑このページのトップヘ