「行動を起こそうとする時に合理的な理由を求めすぎると、結局何もできない。」
←これめっちゃ良いフレーズですよね。
高野りょーすけ君が朝日新聞の記事で言っていたフレーズです。

初めて僕と同じことを言っている人を見つけました。


起業家とつくった 起業の教科書
トーマツ ベンチャーサポート
日経BP社
2016-12-17






僕はいつも研究室でこれ言うと否定されるんですよ。先生に。
〜やろうと思ってます。〜やりました。こういう結果が出たので次はこうしようと思ってます。
って言うと、先生から
 
それやらなくても無理ってわかんない?笑
だって〜なんだよ?笑
もっと、考えてからやろうよ!?笑
って言って否定されるんですよ。

しかも、笑いながら。

いや、僕はしっかり考えたつもりなんですけど…このハゲ野郎…っていつも思ってます笑。

こういうこと言う奴って、
思考実行が1つの層しかないと思ってるんです。そして、1つのステップしか踏んではいけないとか、失敗してはいけないと思ってるんです。
馬鹿なんですかね笑

僕はどんどん失敗して良いと思いますけどね。研究なんで。

否定するのは簡単なんですよ。
実行が難しいんです。
大阪市長やっていた橋下さんも良くいっていましたよ。
批判するのは簡単だって。 

高野さんは東大生の中では珍しく実行力のある学生です。素晴らしい!

こういう学生が研究室にも入ってこないかな。。