僕は、学部生のうちから英語の勉強をめちゃくちゃ頑張ってきました。
英語の勉強が
・東大大学院に入るため、
・研究生活で必要なため、
・就活で有利になるため、
・世界で活躍するため、

に必要だと知っていたからです。




しかし、学部生のうちにしっかり英語を勉強するのは難しいです。いろんな誘惑がありますから笑。 それに悪い勉強方法でやってもストレスがたまるだけです。

そこで、今回、僕がやった超やる気がでる、効率的英語勉強法を公開します。

これのおかげで、僕は大学院を受ける直前にTOEICで715点とれるようになりました。
この点数は東大大学院の同じ研究室で同期に入ったメンバーと比べても一番でした。学部も東大出身の人もいる中でですよ。どや!笑。

僕が学部のうちにやったことは、
・TOEICを毎回受ける
・塾で英語を教える
・スカイプで外人と話す
・英語の授業を受けまくる(できるだけネイティブの人の)

です。

まず、
・TOEICを毎回受ける
これが一番でかいです。
普段英語の勉強なんてする時間ないですし、やる気になりませんよね?!
でも、TOEICを無理やり受験登録しておくと前日、またはその日の朝くらいは勉強しようってなるんです。
お金もったいないってなりますから。

もちろん金額的ダメージもでかいです笑。
一回5000円くらいで月1くらいで受けれる(TOEIC IPもいれる)ので。
本当はTOEFLを受けた方が良いのかもしれないですが、さらに金額のダメージがでかくなるので止めました笑。

・塾で英語を教える
これもめっちゃくちゃでかいです。これのおかげで、文法は全然忘れないですし、読むスピードもつきます。
高校生に渡す教材に自分の読みたい文章を渡して、自分に有利になるようにしていました笑。
自分の勉強になって、さらにお金も稼げるって最高ですよね。

・スカイプで外人と話す
これも良かったんですけど、僕が友達になった人ってアメリカで向こうが起きているときはこっちは寝ていて、向こうが寝ているときにこっちが起きているっていう時差の問題と、話すだけならそんなに難しいフレーズはいらないって言う点でいまいちです笑。ただ慣れるために使えるってだけです。


・英語の授業を受けまくる(できるだけネイティブの人の)
これも義務感的には良いですね。授業料払ってるからには英語向上させてやろうみたいな。
ついでにかわいい女の子と知り合うきっかけにもなります。笑。むしろそっちがメイン笑。

これらの英語学習法を参考に勉強して、院試や研究で有利になりましょう。