学生A:僕今まで論文出したことないんですけど、面接ではどうすれば良いんですか?

教授:いや、論文出してないなら何も書けないだろ笑。バカかよ笑。そんなこともわからねえのかよ笑。

学生A:いや、そうなんですけど・・・。なんで論文出せなかったんですかね?僕が悪いんですかね?

なぜあなたは論文が書けないのか?
佐藤 雅昭
メディカルレビュー社
2016-07-08




教授:お前、面白い事言うな笑。そんな学生初めてだよ。自分の就職なんだからそうなんじゃない?

学生A:でも、僕今まで自分がやりたいテーマはやっちゃだめで、先生がやれって言ったテーマをやっていたんですよね?!だからなんでこんな結果になったのかな?って思いまして。

教授:「やっていたんですよね?」ってなんだよ笑。自分のことでしょ?自分でも納得してたんでしょ。

学生A:僕がやりたいテーマだったら今頃論文は2つは出せていたと思うんですよ。でも、先生が言ったテーマでは、いつ論文書けるかわからないんです。

教授:うん。

学生A:じゃ、このテーマじゃ論文を書けるかわからないということですか?

教授: このテーマじゃ、というか研究って新しいことをやるんでしょ?だから、必ず論文が書けるのって研究になってないと思うんだけど。。

学生A:じゃあ、ちょっと聞き方を変えます。先生は責任をとってくれないんですか?

教授:当たり前だろ。自分の研究でしょ?

ーーー
これ明らかに学生が正しいでしょ笑。
でも、おそらく大学って世界では教授が正しいことになるんですね笑。ひどいひどい。あなたはどちらが正しいと思いますか?

ある責任問題ですね。
これはどっちかというと、修士課程で良く起こることな気がします。

レポート・論文の書き方入門
河野 哲也
慶應義塾大学出版会
2002-12-13