研究やるには空気を読む能力が必要です

実際にその人が普段読んでいるそぶりをしているかどうかは別です。

ここでいう空気を読むっていうのは、「みんな~しているから・・・は認められている」と察することです。今の「」の中身を誰かに教えてもらわないといけなかったり、記述されているのを見たりしないとわからない人は研究にむきません。
研究はあきらめてください。
なぜあなたの研究は進まないのか?
佐藤 雅昭
メディカルレビュー社
2016-07-08

なぜあなたは論文が書けないのか?
佐藤 雅昭
メディカルレビュー社
2016-07-08





これがよくわかるのは、研究発表の流れです。
みんな発表が背景から始まっている中で、背景をすっ飛ばして発表する人は周りの人がどうやっているかを無視しています。(さすがに学会では見たことがないですが、研究室内だといます・・・)

なんでもかんでも教えてもらおうとしている人は間違っています。
だって、大学の先生って何も教えてくれませんよ笑。

よく「研究室の先生は俺に何も与えてくれなかった」って言う人がいますが、それがふつうの世界なので笑。
研究はあきらめてください。

で、教えてもらわずにどうやって学ぶかというと、自分で学ぶんです。それが空気を読むってやつです

で、できない子はどんどん先生に質問するんです。それで、いざ先生が過去に言った内容とバッティングすると、「あの時言っていたことと違うじゃないか!」とか文句垂れるわけです。そもそも質問すること自体がおかしいのです笑。

特に論文なんてそうですよね。
・みんなこうやって書いているから、自分もこうやって書こうとか
・みんなこれを目指して研究しているから、自分もこれをやってやるとか

ここで空気を読まずに、とりあえず自分がこれを作りたいから作ってみただと認められません。空気を読んでいない証拠です。


後々の研究の世界でもお互いの気持ちを読むのは大事
空気読むってのはこういった勉強的な意味だけではなくて、ふつうに飲み会で空気読むっていう意味でも重要です。
学会で偉い人にお酒を注げないのは大学院博士課程学生としては失格です。特に、発表を聞く一番偉い人を間接的にでも否定するのは止めましょう。ほかの研究者も保身のために自分をつぶしに来てしまいます。全員を敵にまわすことになります。