【謎】コレどこで使うんだ? イラストフリー素材サイト「いらすとや」の意味不明イラスト15選
東大生に限らないと思います。
なぜ挑戦しないかというと、無力感を感じているからです。 

無力感を昔より感じるのはネットが発達したからだと考えられます。





東大生はネットがなかった時代は狭い世界でナンバーワンでした。
だから、誰にでも負けないぞという気持ちがありました。


しかし、ネットの発達によりそんな狭い世界だけを見ることができなくなりました。
「あれ、この分野なら俺行けんじゃね?」と思い、ネット検索した結果、けた違いの力を持った奴が世界にいると気づきます。そんなんではすぐあきらめてしまいます。

今の東大生は世界をよく見てるから生意気な奴がいないです。無力感を感じています。昔は、近くしか知らないからナンバーワンがたくさんいました。

成長にも影響 
ナンバーワンだからこそ、自分で考えて成長しようとする姿勢が昔はありました。だって、自分より上がいないので教えてもらう必要はないですから。ただ、自分より上がいる場合、まずはその上のやり方をなぞって、そのうえで工夫しようとします。そうすると、自分にあった方法が身に付きません。

他人の評価も悪くなる
井の中の蛙でも、昔はちやほやされていました。でも、今は評価する人も世界つまりネットの世界を知っています。だから、それを基に評価します。そうすると身近で一番すごい奴でも大したことないと思ってしまうのです。

東大生が書いた世界一やさしい株の教科書 (PHP文庫)
東京大学株式投資クラブAgents
PHP研究所
2011-07-03

障害者のリアル×東大生のリアル
「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ
ぶどう社
2016-08-10