なんか、大学院生になると
「自分は大したことしていないのに得られる特殊な状況」
が増えるからか、なぜかデカい顔した大学院生が多くいます笑。
(もちろん、しっかり自分から動いたうえでも大したことがないものがあります笑)

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす

なぜあなたは論文が書けないのか? 



そんなのを思い出した限り羅列したいです笑。
他にもあったら、お教えください笑。

・留学

・大手企業にインターン(長期)

・在学中に起業

・海外の有名研究室に見学に行く

・「俺、ゼミ進行係りやってっからw」 

・修士の2年のうちの半年間留学(日本での研究時間が減ったことに気付いていない。。)

・学振通った

・他の研究室と共同研究

・企業と共同研究

・学校(東京)と遠隔地(北海道とか)でのスカイプミーティング

・徹夜

・土日に研究室

・昼食抜き

・Youtubeを見ていた学部生を注意

・海外の先生にアドバイスもらった自慢

・学会発表や論文投稿したことをSNSで発表しちゃう

・有名な先生の講演聞いてきた

・でかい科研費を使って研究(もちろん学生なのでそいつがとったわけではない)

・実験という日帰り旅行(実は学校で実験してビデオをその場所の先生に送れば良いだけ)

・博士課程用の変な授業プログラム受けて自慢する

・ベンチャー企業立ち上げた社長と懇親会で話したことを自慢する

・学会で変に有名どころに話しかけまくる。しかも名刺を渡しまくる。(出口付近のゴミ箱に誰かが捨てた跡があるw)