ギャンブルの定義をどうするか?っていう話もあるんですけど、ここでは、競馬とかパチンコとかにしておきます。

端的にいうと、
・頭が良いからということと、
・日常からギャンブルと似た経験

をしているからです。




頭が良い
東大生は期待値を使った計算ができます。
それで期待値ってのは「平均的にどれくらい利益があるか」っていうのを示しています。
つまり、これがマイナスになる場合、平均的には負けるんです笑。逆にプラスになる場合は儲けられます。
これはマジで頭が良い証拠です。

ギャンブルでは明らかに儲からないとわかっているんです。例えば、パチンコであれば、 パチンコを経営してる人が一番儲けるはずです。当たり前です。
 
もし、客が儲かるなら経営してる人は経営しませんよ笑
 
経営してる側はパチンコの台にいくらだって細工できます。
サイコロを10円払って振って1が出たら100円もらえるゲームやらされるけど、そのサイコロは1が出る確率をすごく少なくしてあるっていうのに気づかないんです。

逆に、ギャンブルをする人は頭が悪いです。
少し考えればわかるような上記のことがわからないのです。 


ちなみに
パチンコをやる目的はギャンブル要素ではなくて遊び要素にあるんだ!っていう人もいますけど、それは違いますよね笑。

遊びとしてやるんであれば、ゲームのパチンコやれば良いじゃないですか笑。
スマホアプリでもダウンロードしてやればいいんです。パチンコあると思いますよ笑

日常でギャンブル
また、ギャンブルの定義が問題にはなるんですが、実は人生にはギャンブル要素がたくさんあります。考え方によっては、すべて必ず上手く行くかわからないギャンブルです。最近終了を発表したこち亀の両さんも言っていましたよね。

(やっぱ『こち亀』って人生の教科書だわ!!名言多いけど辛辣なことも言ってるwww | 話題の画像PLUS : http://twicolle-plus.com/articles/115447
より引用)
 
試験も就職も結婚も上手く行くかわからないです。努力して、確率を上げているだけです。僕は過去に恋愛でギャンブルスタートしました笑。

だから、東大生はギャンブル(パチンコ、競馬など)をしません。