候補はアカリク、マイナビ、リクナビ、Paiza、などなどたくさんあります。

実はどのサイトをメインで使うかを決めるために決めないといけないことがあります。
だから、就活するときに決めないといけないのは、就職先に博士号がいるかと研究内容が使うかどうかです。
だから、パターンとしては、
博士号が必要で研究内容を使う
博士号が必要で研究内容を使わない
博士号が不要で研究内容を使う
博士号が不要で研究内容を使わない
があります。


実は上の4つのうちの下2つのパターンは修士卒として就職することになります。

そもそも博士卒として就活するか?
実際、多くの就職先の募集要項にて給料が
・学部卒 ~万
・修士卒 ~万
しか書いていない企業は結構あります。
この場合、博士号をもっていても給料は変わりません。

4つ目のパターンの「博士号が不要で研究内容を使わない」は実は大問題であります。。
なぜなら、博士号をとるための労力と時間が就職した後の損につながります。
下手すると博士号をとらない方が良かったってことになります(博士号をとる時間をかけるのではなくて別の勉強をしていた方が得ってことです。博士号自体がマイナスってわけではないです。)。
博士号をとるための努力をせずに就職先で使える資格の勉強でもしていた方が良いかもしれません。

少なくとも博士号を使うならメインはアカリクで、全く使わない業種に行きたいというならアカリクやマイナビを使っても良いでしょう。


死ぬこと以外かすり傷
箕輪 厚介
マガジンハウス
2018-08-28