#先生的にきつい
今の先生方はずいぶん昔と変わってきましたが、まだまだ厳しい先生ばかりです。昔の方がさらに厳しかったみたいですが。

 
理由としては、今の先生達が求めるレベルがすごく高いからです。
今の先生方のほとんどは自分が大学院生の頃はほとんど修士課程には進学しませんでした。さらに博士課程なんて少なかったようです。そのため大学院にいた学生はお金がありかつ優秀な人ばかりでした。お金がなくても奨学金を借りてすぐ返せる自信がある人も多くいたみたいです。つまり実力のある選りすぐりの方ばかりでした。今みたいに僕も含めた何もない無能ばかりではなかったのです。別に今の方が頭の良い人が少ないというわけではないです。単純に大学院に進学する人が増えただけです。

その結果、修士まできたらこれくらいできるとか、博士まできたらこれくらいできるとかの想定がとんでもなく高いです。

ここで反発する東大の学部生がいるかもしれません。
「俺が学部で授業受けた先生は優しかったけどな。。」
と。
本当に優しい先生はいるそうですが、基本的に研究室に入ってゼミ(発表)になると人が変わったように厳しくなります。(先生いつも授業てきとうだったやん。。ってなるくらいです。)
東大夢教授
遠藤 秀紀
リトル・モア
2011-07-27