土日に研究室にいることには色々なメリットがあります。
できる人はそこを利用します。

出来る人は適材適所の感覚が優れています。平日は人がいてみんな研究をやっている。土日は人が少ない。これら、平日と土日の特徴を生かした研究の習慣がとれるのです。






例えば・・・
・装置を自由に使える
普段は他人と使うタイミングがバッティングしまくりでも土日なら使いやすい。
・実験スペースを有効に使える
・人が少なくて静か。集中できる。
うるさい方が集中できる人がいるみたいですが、僕は静かな方が集中できます。
・自分の好きなBGMを流すことができる
もちろん人がだいぶ少なくないとできない
・プロジェクターや大きいディスプレイを使って、映画やスポーツを視聴できる。
僕の友達は大画面でAV見てましたw。

特に、博士課程の学生やポスドクなんて平日は後輩の指導が大変なので、なおさら土日に研究することにメリットがあります。

というか、社会人になったり、商売をする立場になったら、基本ですよね。
「他人がやっていないときにやって差をつける」
っていうのは。

やっぱりできる人は土日に研究室にいる。

できる人は超短眠!
堀大輔
フォレスト出版
2016-05-11