今、論理的って言いましたけど、論理だけじゃないです。
 
疲れているといろんなことができなくなります。
疲れてると運動のパフォーマンスがでないのはみんな知っていますが、疲れているとメンタルに関することもたくさんできなくなります。






とにかく疲れていると、判断がうまくできなくなります。
つまり、疲れているときにくだす判断は損をまねくことが多いです

この前の日曜日の落合先生も言っていましたよ。肉体的な疲労よりも精神的疲労を取る方が大事だって。

だから、疲れている状態で研究はやっちゃいけないんです。
・論理的(みんな大好きロジカル)にもなれないし、
・客観的になれないし、
・周りに流されてばかり、

になります。

今、思い出したんですけど、大学受験で浪人する時って予備校に通いますよね?あれってめっちゃ流されてると思うんですよね。だから、大半が受からないのか。。ちょっと話がそれました。

さらに、工作機械や薬品を正確な判断ができないままいじることによって、大事故を引き起こす可能性があるのでさらに注意です。

みなさん、研究は身体的にもメンタル的にも健康な状態で取り組みましょう。

「死ぬほどがんばれ!」とかいう老害低所得大学教員は無視や!