全然、上だよね。
・社会への貢献度も
・能力的にも
・苦労的にも。
不等号でいうと、
 大学教授<<<ベンチャー社長
くらいだよね。




ここでイメージしている大学教授は、
大学で教授だけやっている人です。 たまに会社もやっている人もいますけど、そういう人は除きます。

 ベンチャー社長って言っても、会社作ったばかりの人が偉いわけないので、イメージとしては、

ユーグレナの社長の出雲充さんをイメージしましょう。
この人はミドリムシを扱うバイオベンチャーを経営しています。
ミドリムシなんて何の役に立つんだ。。って所から、いろんな人にその有用性を説いて今やめっちゃくちゃでかい会社でミドリムシを役立てています。

・社会への貢献度も
貢献度はどうやって計ったら良いんだよ!っていう意見もありますが、単純にお金で測れば良いんですよ。ベンチャーで稼いでる方が金になります。社員に給料も払ってます。大学教員は金になってません。むしろ科研費もらってます。社員に金を払うというより、学生を搾取してます。

・能力的にも
大学教員は研究と教育だけやっていれば良いんです。経営の能力とかリーダーシップはそんないらんのです。まったくいらんわけじゃないですけど。社長は社員をまとめて経営して営業してと研究以外のことをやらなくてはいけないのです。

・苦労的にも。
順番的に逆でした。苦労するから能力がつくのです。
営業とか経営の能力もあるのです。社長には。

そう考えると、教授なんか目指すのはちっさい夢な気がしてきました。社長目指します。

HARD THINGS
ベン・ホロウィッツ
日経BP社
2015-04-17

未来を創るスゴいベンチャー101
日経トップリーダー
日経BP社
2015-12-12