東大大学院生25歳の999の考えたこと

東大工学系。大学院では主にプログラミングに従事。人々の生活の質を良くしたい。将来はロボット事業をおこしたい。好きな言葉は、「逆境こそ人の真価を問う最高の舞台!」 おかげさまで多くの方に見てもらっています。毎日、研究やる前の10時くらいに更新するよ。

将来は大学教授かプログラマーなどフリーランス的レバレッジ的な生活がしたい。 日本を変えたい。そして、ゆくゆくはグーグルのようなすごい企業を作ったり、宇宙進出を成し遂げたい。俺は地球なんかで収まる器じゃねー。好きな言葉は「人の夢は終らねええ!!」、「逆境こそ人の真価を問う最高の舞台!」
スポンサードリンク

東大大学院生は幼い時からしっかり教育を受けています。

両親も「この子はできる子だ!」って言って、小学生の時から塾に行かせます。

そして、8月の大学院入試。
家族もみんな緊張して22歳の我が子を送り出します。
この日に22年間のすべてをぶつけようと本人は意気込んで、ちょっぴり緊張しています。顔もこわばっています。


大学院入試小論文の書き方
佐々木 昭則
法学書院
2011-04


続きを読む

ありませんか?教授?! 

いや、それは本当に頭が悪いんじゃないんですよ笑。
いや悪い場合もあるかもしれないけど笑。



続きを読む

予選落ちですね。
今やってる高校野球で言うと地方予選で負けたようなものです。
もっというと、野球部の入部テストに落ちたようなものです。

まあ、今回はそれがメインではなくて。
こういった、手前の挫折をいくつか書き出してみました。





続きを読む

これはあくまで僕の意見なのですが、落合陽一さんは間違いをおかしたと考えられます。

簡単に言うと、有名になり過ぎたがゆえ研究の時間が大幅に少なくなってしまったということです。





続きを読む

なんか、大学院生になると
「自分は大したことしていないのに得られる特殊な状況」
が増えるからか、なぜかデカい顔した大学院生が多くいます笑。
(もちろん、しっかり自分から動いたうえでも大したことがないものがあります笑)

研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす

なぜあなたは論文が書けないのか? 


続きを読む

簡単に言うと…
学生をしっかり教育する→あれ、大学院の研究って自分の利益にならなくね?→やる意味ないやんけ

なぜあなたの研究は進まないのか?
佐藤 雅昭
メディカルレビュー社
2016-07-08

なぜあなたは論文が書けないのか?
佐藤 雅昭
メディカルレビュー社
2016-07-08



一見研究力が付くようなフレーズに見えますけど、これは言われすぎると学生が研究する意欲を無くしていきます。どんどん学生の進捗が悪くなっていきます。

まあ簡単に言うと、研究に使って欲しい考える力を自分の利益増加に使ってしまうのです。

あまり考えない学生なら、目の前のことに一生懸命になります。自分の利益など考えずに。
でも、しっかり自分で考えるようになると、学生は、「なぜ研究をやるのか?」をよく考えるようになります。

そして、博士課程に進む学生以外は気づくのです。
「あれ、これ俺のためにならんくね?」
と。

もちろん、これに気付いた後には研究なんてやりません。さっさと就職後に有利になることにシフトします。
資格とったり、英語を使う仕事なら英語の勉強だったり。
就職後に今やってる研究が直接使えるなんてことないですからね。ほとんど。修士卒では。

だから、業績を稼ぎたい教員は学生を教育しすぎない方が良いですよ。学生には、丁度良い指導の程度があります。

一番進捗を出すためには先生が全部やることを決めて、それを学生が実行する形式です。極端な話、会社のシステムにすると仕事量が増えます。




続きを読む

「バラエティ番組を見ると論理的思考が身につかない」ってのは言い過ぎですかね。。
絶対ではないです。

でも、論理的思考を育てるのには邪魔になります。

論理的思考力を鍛えるための50のパズル
今井 洋輔(パズル制作)
世界文化社
2016-05-26



続きを読む

研究をやって長く時間が経つにつれて、不安になる回数って増えません?

僕はめちゃくちゃ増えました。

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第2巻
東京大学謎解き制作集団AnotherVision
扶桑社
2017-08-16





続きを読む

私が一番感動した動画かもしれないです。
高校野球で試合どころかベンチにも入れないメンバーのために粋な試合をする動画です。

名古屋の大府高校と中京大中京です。

 

続きを読む

飲み会が毎週ある
    先生も参加する

修論1カ月前なのに誰も着手していない

投稿論文を誰も書けそうにない





続きを読む
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ